魔法の少尉ブラスターマリ。

ほんやさんにいきました。

プルートゥ(@浦沢直樹)が欲しかったんですが、ありませんでした。

ふと、棚をみたら、
「マリコ・スターマインはジオン第六小学校の五年生。ある日、白い馬に乗った”赤い彗星のひと”から魔法のふとん叩きをもらったマリコは、魔法の力で無敵のジオン軍エース「ブラスターマリ」に変身!悪い連邦軍をやっつけてサイド3の危機を救うのであった。」
以上帯。


買うだろ。つーか買っとけ


このなんか変な風にドリーム入っちゃってるあたりとかもう、こういうアオリは


超大好き。


しっかし、原案があの二人なんだよねー。

・・・。

昔なんかで読んだっぽいきもするけどいいや、ネタとしておもしろいから。(それか)

しかし、新橋の文教堂ってば侮れないなー。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぜんこじ
2004年10月22日 18:35
1日ザク(笑)。
赤い彗星の人(笑笑)。
でも、あんな作品(失礼)でガンダムのその後へのアンチテーゼを
語る作者の根性は大したもんだと思う。

この記事へのトラックバック